ソーラーサーキットの家 SCグループ
ソーラーサーキット交流広場 全国工務店検索=潟\ーラーサーキットの家にリンク 資料請求はこちら

SCの家の魅力 SC体感モデルハウス 全国施主探訪 住まいのワンポイントアドバイス 横島誠司(建築家)の住まいのコラム SCグループとは

住まいのワンポイントアドバイス 第一回「SCの家は暖かければ開放系。暑ければ、窓を閉めて通気確保。寒ければ、窓を閉め、閉鎖系。
   春、そして夏の到来とともに昔の民家のように通風がよくて、爽やかな暮らしを提供できるのが「ソーラーサーキットシステム」です。
 今回は、「ソーラーサーキットの家」の最大の特徴である「開放系」がいかにして構成されるのか。どのように使い、活用し、「涼房空間」を形成していくのかについて触れてみましょう。

ソーラーサーキットの家 夏の日中の室内熱環境
   「ソーラーサーキットの家」は外断熱・二重通気構造で、板状断熱材で小屋裏・柱や梁などの構造体から基礎周りまで家全体を外側から切れ目なくすっぽり包みます。この外側断熱材内側と室内壁外側に設けられた構造材の間に、空気の通過道を設け、通気層を確保します。この内側通気層がインナーサーキットという「躯体内空間」で、「ソーラーサーキットシステム」独自の部材であるSC床下ダンパーとSC小屋裏ダンパーによって、いわゆる「衣替え」の機能を発揮します。SC床下ダンパーとSC小屋裏ファンを組み合わせて使用する場合もあります。
 早春の日中陽射しが強い季節には、このSC床下ダンパーが閉鎖されている状態で、まずSC小屋裏ダンパーを「開」の状態で使用します。このダンパーの「開く」にすることによって「衣替え」の前段階が形成されます。
 SC床下ダンパーの状態は、暖房が必要なくなるころであっても、外気最低気温が15℃以上になるまでは、閉鎖状態を保ちます。地域によっては、梅雨明けまで開けないこともあります。不必要な冷気や湿気を床下や躯体内に入れないために、閉鎖しておくのです。 
 SC小屋裏ファンを設置している場合には、この使い方は推奨できません。梅雨明け、外気温度も15℃以上になる季節になってからSC床下ダンパーも開きます。「開放系」でSC小屋裏ファンも作動開始します。

SC小屋裏ダンパーとSC床下ダンパーを使用したシステム図
 

 インナーサーキットで間違いなく通気がとれているかどうかは、SC床下ダンパー部分に指先を差し入れることで、空気の流れを知覚し確認できます。しかし、これもいつでも確かめられるものではなく、温度差や圧力差がないとき、日射がない時間帯や日陰の壁面・屋根面では空気の流れを感じることは難しいでしょう。また、外気の冷え込む夜間には排気を下方向に確認することもあります。
 インナーサーキットの効果をもっとも簡単に自覚できるのは小屋裏です。小屋裏に集まった熱気をインナーサーキットが排気することにより居室空間とほぼ同じ環境の場所として小屋裏の有効な利用が可能になるからです。
 また、床下空間も遮熱・通風・SCベースによる地中熱利用で、爽やかな空間が形成されます。土間表面温度は地域差がありますが、夏場であっても22℃から25℃ぐらいを保ち、冷気溜まりを作ります。この冷気を利用するために、床下を無断熱にしておけば、床表面の冷感を醸し出します。さらに屋根遮熱とアウターサーキットの排熱とインナーサーキットでの熱気の上方開放による揺らぎ排熱とで「涼房空間」を形成し易い「住み心地」を提供できるのです。
 暖かい季節、窓を閉めたままで、インナーサーキットを開放して通気を確保し開放系とします。
 この時、インナーサーキットの機能は窓を開けても発揮されます。室内の窓の開け閉めによる通風確保は自由です。また、冷房時であっても、SC床下ダンパーとSC小屋裏ダンパーを開けた状態の「開放系」でかまいません。ドライ運転時には「閉鎖系」のほうが湿度が除去されやすく、体感温度は低下しますが、壁内空間の排熱を優先するために「開放系」を保ちます。これがSCの家の住まい方、「衣替え」の特筆ポイントです。
 SCの家は、これまでの高断熱の家では得られない気密性と通気性という相反する性能を持ち、気候風土に合わせて衣替えをする「住み心地」を求めた家づくりです。 
 いよいよ違いの判る夏を迎えました。「開放系」で住まわれ、夏の温熱環境の違いをご確認ください。

NEXT

 



   
HOME プライバシーポリシー サイトマップ 会員用ページ
   
会員用ページ =